クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

文春砲 スクープはいかにして生まれるのか?

 

 

職場で毎月一回、読書会を開いている。主催者が選んだ本を、メンバー全員で読みA4一枚に感想をまとめて、発表しあう。所感は批評家的な内容はNG。書籍に書かれていた内容と自分を紐付けて感想を書くことだけ縛りをいれている。

 

目的は3つ。①メンバーに自己啓発の習慣を持って欲しい。②同じ本を読んでも捉え方が多様であることを理解して欲しい。③メンバーが全員が共感し、すぐやってみたいことは職場で展開する。

 

本を選ぶにも、個性が現れる。来月は私が本を選ぶ順番。

 

選んだ本は、「文春砲」週刊文春の編集部がどんなプロセスや考えで、週刊誌を作っているかを明らかにした新書です。昨年、話題になった「ベッキーのゲス不倫」「甘利大臣の贈収賄」「SMAP解散」など、どのようにスクープを取ってきたかが描かれている。プロセスだけでなく記者がどんな思いで取材してたかも書かれているのが興味深い。

 

本を読んで感じたのは、熱量がある職場。週刊文春を「こんな週刊誌にしたい!」という思いに溢れている。スクープを狙って取りにいっている。思いを実現するために、気が狂いそうになるくらいの圧倒的な取材量をこなし、文章の細部の表現をギリギリまで粘って考える。読者、取材対象のことも慮りながら記事にしている。地道な作業を積み重ね、チャンスが来たときにフルスイングする。どんな仕事にも共通していることはたくさんありますね。

 

週間文春は今まで、手にとってじっくり読んだことはありませんでした。でも、この本を読んで編集部の真摯な週刊誌づくりに感銘を受けました。面白ろそうな記事を見つけたら1度、購読してみようと思いました。

知識は足し算 感性は掛け算



仕事に必要な知識やスキルは足し算です。長い時間をかけて仕事をしていれば、大抵は習熟していきます。どんな仕事でも10年やれば仕事のコツは掴めます。しかし、知識やスキルがあるから。経験があるから、良い仕事ができるとは限りません。いったい何故なんでしょう?

 

私は感性の差だと考えます。どんな仕事にも後工程のお客様がいます。文字通りのお客様の場合もあれば、後工程が社内の他部署だったり、上司や部下だったりします。つまり、どんな仕事にも相手がいるということです。

 

感性とは、相手の立場に立って考えれることだと私は考えます。相手を慮って仕事を工夫できるか否か。相手の立場に立つというのは難しい作業です。相手のことを理解しないと、相手の立場には立てません。

 

そして、相手の立場に立って仕事を工夫することは、多くの場合面倒です。しかし、この感性がある人の仕事は、周りから大変評価されます。感謝されます。

 

この感性が厄介な点は2つです。まず第一に、いくら仕事の知識、スキル、経験を持っていても。。。感性が0だと、仕事のアウトプットは0にしかならない点。数式で書くと、

知識 100✖︎感性0=0

 

第二に、この感性は長く働いたからといって獲得できるものではないという点です。むしろ、長く働いている人の方が、「仕事とはこうやるもんだ」と思い込んでいるため、相手の視点に立てないケースが多いのではないでしょうか。

 

感性を持ったビジネスパーソンであるためには、新人の時に感じた違和感を大切にすれことです。そして、現実を理想に近づけるために1ミリでもいいから努力すること。その1ミリの頑張りの蓄積があなたをビジネスパーソンとして強くしてくれます。たかが一ミリ。されど一ミリ。

 

 

 

 

職場の問題解決と小さな実験のススメ

仕事は問題解決の連続です。仕事=問題解決と言っても過言ではありません。職場には様々な問題解決があります。問題にはざっくり3種類あります。①是正 ②改善 ③改革

 

①是正

どの仕事にも標準があります。しかし、何らかの原因で標準に満たないアウトプットを出してしまうことがあります。アウトプットを本来の標準にまで戻すこと。これが是正です。駄目な職場は頻繁に、仕事が標準を下回ります。また、その場しのぎの問題解決でお茶を濁すので現場はストレスが溜まります。同じような問題が再発しないよう、根本まで原因を探って対策を講じなければなりません。

 

②改善

今ある仕事の標準のレベルを引き上げることです。より早く、より安く、より品質良く等の視点から仕事の標準をあげることです。どんなビジネスにも顧客がいます。顧客の要望は上がります。昨日と同じことをしていては、顧客から見放されます。だから仕事の標準を上げ続けなければいけません。管理職に求められるのは最低限、改善レベルの問題解決です。

 

③改革

仕事の標準自体を変えてしまうことです。言い換えれば仕事の土俵を変えてしまうことです。これは職場で展開するのは難しい。職場が危機的状況であればコンセンサスは取りやすいですが、平時は利害関係が複雑に絡むためです。また、改革=成功ではなく、改革することで改悪になることも多くあります。改革が成功するにせよ、失敗するにせよ、仕事のやり方を大きく変更する際は、生産性が落ちます。生産性が落ち込む期間をいかに短くするかが管理職の腕が問われます。

 

私は②の改善を数多く、スピードを大切した問題解決を職場で展開するようにしています。

 

①の是正の仕事が多いと、メンバーは「またか・・・」とストレスが溜まります。職場の雰囲気も悪くなり、生産性も落ちます。

 

③の改革は、経営からは期待されます。しかし、余裕がある時しか手はつけたくありません。失敗した時の反動もあるので。

 

②の改善は、数多くかつ、スピードを大切にすると改革と同じような効果があります。他社が一年かかって改善したレベルの仕事を3カ月で達成できれば、外から見たら改革と同じような成果を得たことになりますから。

改善を数多くスピーディーに実施することを、私は「小さな実験」と呼んでいます。実験なので失敗してもok。寧ろ早く失敗することに意義があります。うまくいかなければ、さらに改善して続ける。全く見込みがないものは撤退する。

 

「小さな実験」だから、部下も気軽に取り組めます。成功確率の高いものにリソースを集中させるので、当然、成果が出やすい。成功すれば部下も自信がつき、成長にも繋がります。

 

「撤退」の判断はとても大切です。「一度決めたことだから」「これだけ時間かけたから」「上司の手前できませんでしたとは言えない」なんてくだらない理由で方針を変えれないことは意外に多いです。そんな問題解決には係わりたくないし、部下も巻き込みたくないですね。

 

 

 

 

 

パパ・ライトイヤー

f:id:kumabou2016:20170619213458j:plain

父の日のプレゼント。娘がトイストーリーのバズ・ライトイヤーならぬ「パパ・ライトイヤー」をアクアビーズで作ってくれた。嬉しくて、嬉しくて何度もありがとうを言って娘を抱きしめた。私は幸せなパパです。

広告を非表示にする

良くやった天野純


【公式】ゴール動画:天野 純(横浜FM)88分 FC東京vs横浜F・マリノス 明治安田生命J1リーグ 第15節 2017/6/18

昨日のFC東京との試合、横浜F・マリノスが1対0で勝利しました!後半の体力的にも辛い時間帯に、天野純が決めてくれました。しかも、利き足でない右足でのゴール。

本人も試合後のインタビューに語っていた通り、今シーズンの自分のプレーには満足していなかったんですね。もがき苦しみながらのリーグ戦初ゴールに意義があります。今日も守備時には相手ボランチへの限定守備をサボらずに行ない、攻撃陣にはボールを持っていない時も、味方にスペースを空ける動きやパスをもらう動きを繰り返していました。その運動量はたいしたものです。そんな選手が結果を出してくれたのが嬉しいです。

チームとしても、昨日は良かったと思います。注目していた山中は自分の特徴をピッチで表現できていました。左SB争いは激しくなりますね。久々の勇蔵も守備でしっかり役割を果たしてくれました。全員が自分の役割を果たせていたと思います。

厳しいことを言うなら、FC東京の守備が組織的でなかった点には救われていました。ウタカかが前線から守備をしないため、横浜F・マリノスの中盤に時間とスペースを与えてくれることになりました。より守備が堅いチームであればもっと苦戦していたでしょう。選手もチームもそんな事は百も承知なので、もっとプレーレベルを上げていってくれるでしょう。若いチームだから、勝つことで自信がつきます。そして勝ちながら、反省していくのがベストですね。

昨日は父の日でもありました。横浜F・マリノスサポーターのパパには最高の父の日になりました。横浜F・マリノスありがとう。

広告を非表示にする

勝手にプレビュー 横浜F・マリノス VS FC東京

やっと横浜F・マリノスの試合が見れる。前節が川崎相手に気持ちいい勝利。これからチームがのっていくタイミングでの中断。もったいない感じもしましたが仕方ない。中断期間中に怪我人が増えました。またバブンスキーとデゲネクは代表選出。ということで明日の先発、特にバックラインは大きく変わりそう。金井 栗原 中澤 山中の4人。山中はどんな動きをするか注目。前がマルティノスなので、山中の良さが出づらいとは思うが、巡ってきたチャンスをモノにして欲しい。

 

対戦相手のFC東京。個々の力は強烈。でも、チームとしてはまだチグハグしている印象。中盤からパスを出せるのが高萩のみの印象。ここは天野がしっかり抑えて欲しい。後は初物に弱い横浜F・マリノスとしては、久保君にはやられないように願う。

 

攻めで期待は、学。エースが復調しない限り、上位争いには食い込めない。マルティノスも流石に明日はだいぶケアされるでしょうし。

 

次節、FC東京戦では準備してきたことを出し切って欲しい。私達はチャレンジャーなのだから。

皿洗いとマインドフルネス

私の家での任務の一つは皿洗い。最初はあまり気乗りがしませんでした。出張から帰ってきて、洗い物が溜まっていると、流石に少しは洗ってくれと妻に怒っていました。。。

 

それが今や、喜んで皿洗いに励みます。妻から「ありがとう」って言われると素直に嬉しいです。

 

洗い物していると「無」になれます。「無」は大袈裟ですが、洗い物に集中します。不器用なので、洗い残しがないよう気をつけるからです。仕事している時も集中しますが、皿洗いはそれとは違う集中力です。黙々と一つのことに取り組む。なんか手先まで集中する感覚が好きなんです。

 

海外の研究では、皿洗いや家事でマインドフルネスを促進させるなんて研究事例もありました。マインドフルネスとは、「自分の存在を意識し、注意と集中力を高める実践と心の状態」です。脳科学的にも、ストレス軽減に役立ち健康に良いことが分かっています。素人から見ると、座禅や瞑想と一緒のように見えますが。Google社が社内研修として実施したことで認知度が上がりました。

 

中学生の時に、ベストキッドという映画が好きでした。いじめられっ子が空手を通して成長するストーリーです。その映画の中の修行シーンは、炊事 洗濯 掃除でした。あれも今風に解釈するとマインドフルネスだったのかもしれません。

 

40歳のオッサンも、皿洗いしながら成長できますかね。