読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

大人の学習スタイル

研修の受講をきっかけで成長する人、しない人がいます。ビジネス本を読んで実践に役立たせることができる人、できない人がいます。この違いは何に起因するのでしょうか?影響を与える原因の一つとして「学びのスタイル」が重要だと考えられています。「学び…

鉄血のオルフェンズと適応のリーダーシップ

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ OP3『RAGE OF DUST』 私がフォローしているブロガーさんがガンプラを作っているのを読んで、鉄血のオルフェンズが気になり、Amazonプライムで一気に見ました。私はファーストガンダムを小学生の時代にリアルタイムで観た…

横浜F・マリノス レイソル戦レビュー

悔しい。負けてしまいました。前半の入りは良かったと思います。前線高い位置でボールを奪い、手数をかけずにゴールを奪おうとする意図が見れました。FKが決まっていれば。 先制は事故のようなハンド。不運とは言えどうにかしてほしかった。もっと痛かったの…

勝手にプレヴュー 横浜F・マリノスVS柏レイソル

【公式】プレビュー:柏レイソルvs横浜F・マリノス 明治安田生命J1リーグ 第8節 2017/4/22 明日は日立台でのレイソル戦。妄想一杯のプレビューをまたまた書いてしまいます。横浜F・マリノスは大幅にスタメンが変わりそうです。右サイドは松原が負傷。マル…

組織づくりの3条件とマネジメントの実際

今のポジションについて五年経ちました。毎年、この時期は組織づくりでバタバタします。異動が少なかったので、まだ今年は楽ですが。 教科書的には、組織を形成するには3つの条件が必要と言われています。第1に目的。第2に貢献意欲 第3に円滑なコミュニケー…

新人の叱り方

今日はOJTリーダーを集めての研修会でした。冒頭に新人を迎えいれるにあたっての不安について討議を行いました。その場で様々な不安がでてきました。意外に多かったのが新人をどのように叱るか。上司も先輩も叱りたい時があるけど、ぐっと堪えてしまうことが…

横浜F・マリノス サンフレッチェ広島戦レヴュー

【公式】ハイライト:サンフレッチェ広島vs横浜F・マリノス 明治安田生命J1リーグ 第7節 2017/4/16 横浜F・マリノス勝ちました。2連勝です。スコアは1対0。勝ったのは嬉しいですが課題もたくさんでた試合でした。前半4分に、天純のフリーキックに中澤があ…

勝手にプレビュー 横浜F・マリノス VS サンフレッチェ広島

ルヴァン杯は残念ながら負けてしまいました。この試合は観ていないので内容については語れません。報道やサポーターのTwitter等を拝見すると、若い選手達がチャレンジした上での敗戦だったので、良かったのではと思います。仕事もフットボールもチャレンジし…

新人には会議の議事録を任せるといいですよ

新人が職場に配属されると、仕事を覚えてもらうために色々な仕事をアサインすると思います。最初は簡単な作業から任せて、徐々に任せる範囲を増やしたり、難易度をあげていくのが一般的だと思います。 経験学習の知見では、学習者にとって難易度が50%ぐらい…

新年度 目標設定は管理職の腕の見せ所

4月に入り多くの企業では新年度がスタートしていると思います。新入社員が入ったり、異動による転入者がいたり、組織自体が変更になったり4月の組織は何かとワチャワチャしていると思います。そんな慌ただしい中、多くの組織では「目標設定」とか「目標管…

誰をOJTリーダーに任命するのか

「新入社員を職場に迎えることになったら」で新人育成について記載しました。しかし、新人育成でもう一つ重要な要素であるOJTリーダーの任命について記載できていませんでした。今日はそのOJTリーダーについて書いてみたいと思います。 kumabou2016.hatenabl…

横浜F・マリノス ジュビロ磐田戦レビュー

【公式】ゴール動画:金井 貢史(横浜FM)73分 横浜F・マリノスvsジュビロ磐田 明治安田生命J1リーグ 第6節 2017/4/8 ジュビロ磐田に勝ちました!選手全員がファイトしていました。それがチームの勝因だったと思います。前節のセレッソ戦からよく精神面を…

横浜Fマリノス ジュビロ磐田戦プレビュー

【公式】プレビュー:横浜F・マリノスvsジュビロ磐田 明治安田生命J1リーグ 第6節 2017/4/8 いよいよやってきましたジュビロ磐田戦。中村俊輔がまさか敵として立ちはだかる日が来るとは。。。フットボールはだから面白い。 ジュビロの守備は、4−4−2。…

新入社員を職場に迎えることになったら

今週は各社の新入社員研修にオブザーブで伺う機会が多い。希望に満ち溢れている新入社員に会うたびにパワーをもらいます。"素直さ” ”ひたむきさ” ”まじめさ”。売り手市場とはいえ、ゆとり世代とはいえ、やはり10年前、20年前よりも優秀な子が多いと思い…

新入社員にお勧めの一冊

道は開ける 文庫版作者: D・カーネギー,香山晶出版社/メーカー: 創元社発売日: 2016/01/26メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る 私自身が新入社員時代に当時の上司から勧められて読んだ本です。新入社員の時は読んでもあまりピンと来ませんでし…

横浜Fマリノス セレッソ戦レビュー

土曜日は残念ながらセレッソ大阪に敗戦。次節へ向けての明るい材料も特になく、セレッソの描いていたゲームプランに見事に嵌められたという感じです。セレッソは守備が徹底していました。基本は中を固め、学やマルにボールが出ると全体でスライドして対応。…

横浜Fマリノス セレッソ戦を勝手にプレビュー

【公式】プレビュー:セレッソ大阪vs横浜F・マリノス 明治安田生命J1リーグ 第5節 2017/4/1 やっとJリーグが再開します。横浜Fマリノスの試合が観られます。日本代表の試合もありましたが、やはりマリノスの選手がいないと興味がわかりません。昔のように…

ビジネスで必要なのは、1+2=?ではなく、?+?=3

ビジネスで求められるのは、1+2=?ではなく、3=?+?です。これはビジネスを考える際の発想の話です。普通は誰もが正解を求めたがります。上記の問題で言えば1+2=?の答えは3ということ。正しい答えを教えてくれは学生の発想です。ビジネスで求められるのは…

私の矜持

ビジネスパーソンの熟達化の研究論文を読むと、どんな職業でも熟達化するのに10年ぐらいかかると報告されている。私自身は22年の経験があり、今の人材育成の仕事で食べていけると感じたのは入社して7年ぐらい。心底、天職だと思えるようになったのは10年過ぎ…

IoTまるわかり を読んで「情報」について考えてみた

IoTまるわかり (日経文庫)作者: 三菱総合研究所出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2015/09/16メディア: 新書この商品を含むブログ (8件) を見る2015年に書かれた本です。もう書かれてから2年経っているので内容は少し古いかもしれません。IoTとい…

仕事の問題解決がうまい人、下手な人

学生までは優秀だけど企業に入るとパッとしない人、逆に学生までは遊んでばっかりですが企業に入ると仕事ができる人がいます。まあ、多くの優秀な学生は企業に入っても優秀なんですが。 仕事が成果をあげるためには色々な要素があります。ざっくり3テーマで…

何を教えたらいいかわからない

「何を教えたらいいか分からない」これは、ここ数年新入社員を受け入れる側の職場で聞くことが多くなったフレーズです。例えば、工場でこの辺りを掃除しといてとお願いすると、本当に指示した箇所しか掃除しなく、ちょっと離れた箇所は同じように汚くても掃…

フィードバック入門を読んで

フィードバック入門 耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術 (PHPビジネス新書)作者: 中原淳出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2017/02/18メディア: 新書この商品を含むブログ (2件) を見る若いマネジャーにお勧めの本です。年上の部下、ローパフォ…

すこしの努力で「できる子」をつくる 書評

すこしの努力で「できる子」をつくる (講談社文庫) 作者: 池田清彦 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2011/10/14 メディア: 文庫 クリック: 1回 この商品を含むブログ (1件) を見る 我が家も幼稚園の娘の子育ての真っ最中。ビジネスパーソンの学びについては…

横浜Fマリノス 新潟戦で見えた課題

横浜Fマリノス マルティノス 今シーズン初ゴール 昨日の新潟戦は残念ながら1対1の引き分け。順当にいけば2対0で勝てた試合でしたね。まあ順当にいかないのがサッカーなんですが。前半の天純からのクロスをウーゴが決めていれば勝利していましたね。開幕…

横浜F・マリノス 新潟戦の展望

明日はアルビレックス新潟戦。前節、鹿島に負けただけに今節は負けられません。また、学もまだ出場できなそうにありません。新潟はまだJリーグでは勝てていませんが、そんなに悪いサッカーをしているようには見えません。相変わらず運動量が多く、粘り強い…

獅子は我が子を千尋の谷につき落とすのは正しいのか?

営業が強い会社や、中小企業のメーカーに伺うと、「うちの新人育成はスパルタですから」「だって、獅子は我が子を千尋の谷につき落とす」というじゃないですかと得意げに語られる経営幹部に出会うことがあります。獅子は我が子を千尋の谷に突き落とすの意味…

横浜F・マリノス悔しい敗戦

Jリーグ第3節、鹿島戦で横浜F・マリノスは残念ながら敗戦。斎藤学が欠場するなか、他のメンバーのモチベーションは凄く高かった。私は試合前日のコメントを読んで思わす目頭が熱くなりました。それもあって勝利を期待していたのすが、現実は甘くはなかった…

横浜F・マリノス 鹿島戦の展望

斎藤学が怪我で明日の鹿島戦を欠場するとのニュースが飛び込んできた。正直、これは困った。開幕からチームを牽引してきたのは学だから。でもピンチはチャンスでもあります。今まで出番を待っていた前田や遠藤が闘ってくれるでしょう。前田は右サイドの方が…

鹿島戦でマリノスの両翼が飛翔する

金曜日はいよいよ鹿島戦。マリノスからすれば、昨年の天皇杯の借りをきっちり返して勢いに乗りたいところ。アントラーズからすれば、マリノスの勢いをここで是が非でも止めたいと考えているでしょう。試合の序盤は、学が前2試合のように左サイドを征圧できる…

伸びる新人 伸び悩む新人

後3週間もすると各企業に新入社員が入社してきます。新入社員を待ち受けているのは新入社員研修ですね。人材育成の専門家の立場で話すと、この新入社員研修は講師の力量が最も問われる研修になります。なぜなら管理職研修などは受講者も社会人経験が長いので…

横浜Fマリノス 開幕2連勝!

【公式】ゴール動画:ダビド バブンスキー(横浜FM) 47分 横浜F・マリノスvs北海道コンサドーレ札幌 明治安田生命J1リーグ 第2節 2017/3/4 横浜Fマリノスが開幕2連勝を飾りました。前半は札幌ペース。やはり守備がしっかりしているチームでした。ドン引…

キリンビール高知支店の奇跡

キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え! (講談社+α新書) 作者: 田村潤 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/04/21 メディア: 新書 この商品を含むブログ (4件) を見る キリンビールの元代表取締役副社長の田村さんが書かれた本です。当時、弱…

気が早いコンサドーレ札幌戦の展望

開幕戦で浦和を破った横浜Fマリノスの次節の相手はコンサドーレ札幌。気が早いですが、妄想たっぷりの展望です。その前に前節の反省を2点ほど。浦和がポジションチェンジをした後半にマリノスは対応できませんでした。プレーが切れるたびに、中澤を中心にコ…

就活戦線と人事部のジレンマ

明日から3月ですね。就活を迎える学生さんからすると、短くてでも永遠の長さにも感じる就活戦線がスタートするかと思います。私は人材育成の専門家なので採用についてはタッチすることはほとんどありません。でもお客さんである人事部の担当者の方々からは…

昔の日本企業は人材育成がうまかったのか?

企業の経営者や人事担当役員にお会いして話をすると、「昔のほうがよく人材が育った」という発言に出会うことがあります。でも、昔の管理者の方が育成が上手だったのか?今より優れた研修を実施していたかというと疑問を感じます。昔の思い出は誰でも美化し…

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方 作者: 岩田松雄 出版社/メーカー: サンマーク出版 発売日: 2012/10/09 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 5人 クリック: 77回 この商品を含むブログ (16件) を見る 元スターバックスコーヒージ…

横浜Fマリノス 快心の勝利と湘北高校

横浜Fマリノスが浦和レッズに3対2の逆転勝ち!今年は違うという勝ち方。全員が持ち味を発揮した勝利でした。前半はマリノスの狙い通りの展開。私が期待していたバブンスキーが先制ゴール。バブンスキーは守備でも頑張っていた。もっと俺様トップ下系かと想…

Jリーグ開幕 横浜Fマリノスの初戦を占う

土曜日はいよいよJリーグ開幕。横浜Fマリノスの番記者の今年は強い!いい練習ができているという記事をよくみかけます。プレシーズンマッチや練習を見に行ったマリノスサポーターのブログ等でも、概ね好評価です。期待値は否応なしに膨らみます。 先発予想は…

人は誰もがリーダーである  

人は誰もがリーダーである (PHP新書) 作者: 平尾誠二 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2006/11/16 メディア: 新書 購入: 1人 クリック: 15回 この商品を含むブログ (18件) を見る ラグビーの元日本代表監督でもあり、名プレイヤーであった平尾誠二さんの…

管理職になったらおさえるべき7つのポイント

私は管理職も務めています。日頃、色々な会社に伺い人材育成の相談を頂いていますが、私自身もマネジメントでは苦労しています。マネジメントに正解はないですが、自分自身の経験則とマネジメント理論を結びつけることで、最低限これだけはしておけばマネジ…

不運のすすめ

不運のすすめ (角川oneテーマ21)作者: 米長邦雄出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2006/07メディア: 新書購入: 6人 クリック: 23回この商品を含むブログ (20件) を見る最近、3月のライオンという漫画にはまっています。若い棋士を主人公とした物語です。その…

斎藤学とリーダーシップ

横浜Fマリノスの新キャプテンが斎藤学に決まった。背番号を10に変えただけでも驚いたのに、キャプテンまで襲名するとは❗️ユースの時から見ているので感慨深いものがあります。責任感が強いので、あまり沢山の重荷は背負わせるのは心配です。特にチームの調子…

プレミアムフライデーと熟達化と給料が上がらない悩ましい関係

最近仕事で各企業に伺うと、クライアントから「他社のプレミアムフライデーの導入検討はどんな感じですか?」とよく聞かれます。私は「同じ質問をよくされますけど、今のところ様子見が多そうですよ。」と毎回答えています。2月24日(金)にスタートとい…

人の成長は現場が7割!

どんな職業でも、一人前になるには時間がかかりますね。人の成長を研究している偉い学者さんによると、人の成長への影響力を全部で10と仮定すると。。。 現場での経験が7割影響すると言われています。経験を経て自分が成長するというのは、誰でも実感として…

大人の学びと不安と安全地帯

前回のブログで、大人が新しいことを学び始めるには不安も効果的と書きました。何故なら大人は自分がつちかってきた経験や価値観に基づいて何を学ぶかを選択しているので、不安な状況に身を置くことで新しいことを学ぶのです。でも、補足があります。不安に…

大人の学び方を考える

企業に入ると様々な学びの機会があります。イメージしやすいのは、新入社員研修とか管理職研修。私は企業の依頼でこれらの研修を企画します。企画する際に悩ましのは、発注する企業担当者が研修=学校の学びをイメージされている時です。いわゆる偉い先生か…

横浜Fマリノス 2017年展望 FW編

書き始めたら、ダラダラと書いてしまいました。やっぱりマリノスが好きなんだな。最後はFW編。新加入のウーゴに期待です。これも映像しか見ていませんが、ゴール前で冷静なストライカーというイメージです。身体能力が物凄いとか、テクニックが特別優れてい…

横浜Fマリノス2017年展望 MF編

前回に引き続き、MF編。左SHは学で確定。昨年のプレーを見ると国内では抜きんでた力だったので、海外でプレーすると思ったし、海外で活躍する姿が見たかった。マリノスのサポーターとしては残ってくれて嬉しいですが。年齢がもっと若ければ、噂された欧州二…

横浜Fマリノス 2017年展望 ボランチ編

開幕前の今の時期って新シーズンへの期待で妄想が膨らみます。ということで、前回に引き続き来季の展望ボランチ編を言いたい放題書きたいと思います。 まずはボランチ。守備的MFは喜田で決まりでしょう。ある意味、来季の生命線となるポジションであり選手だ…