読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

横浜Fマリノス 2017年展望 ボランチ編

開幕前の今の時期って新シーズンへの期待で妄想が膨らみます。ということで、前回に引き続き来季の展望ボランチ編を言いたい放題書きたいと思います。

 

まずはボランチ。守備的MFは喜田で決まりでしょう。ある意味、来季の生命線となるポジションであり選手だと思います。喜田は豊富な運動量と危機察知能力が高い典型的な守備的MF。でも一番の彼の特徴はメンタルの強さとリーダーシップ。中盤のヘソにこういう選手がいるのは心強いものです。メンタルの強さは鍛えようがないですから。喜田の控えは、中町。二人並べてもいいんですが、そうすると攻撃時の組み立てが今ひとつのような気がします。中町もメンタルが強いし、それにダーディなプレイも涼しい顔でこなしてしまうところが素敵です。ヘディングも強いですし、年1回はスーパーなシュートも決めてくれます。守備的MFは喜田と中町で1年間回して欲しいです。

 

相方は天野。彼もメンタルは強いと思います。自分がどうこのチームで生き残るかを思考錯誤して、努力して、その努力が昨年末のブレークにつながったと思います。長短のパスを蹴れ、パスの受け手としてもまずます。特に半身でのボールの受け方は向上していると思います。それに意外に運動量もあります。不安は1シーズンレギュラーで過ごしたことがないことですかね。控えは新加入の扇原。若くしてセレッソ、オリンピック代表で活躍しまいた。最後は怪我もありあまり活躍できていませんでしたが。特徴は長短のパスセンスですね。タイでのプレシーズンマッチのプレーを見ると長いパスが特にうまそうですね。課題はメンタルですかね。なんかメンタルが弱いイメージがあるんですよね。でも彼も心機一転マリノスへ移籍したので、もう一度ブレークしたいという思いは強いはず。才能に疑いはないので、泥臭く頑張って欲しいです。人の能力は自分の努力もありますが、人の縁、タイミングという取り巻く環境も大きく影響しますからね。マリノス自体が新しく生まれ変わろうとしているタイミング。再ブレークする環境は整っていますね。

 

2人の控えは中島。かつての高校No1プレイヤー。体も強く、パスセンスもある。でもまだ運動量とかたくさん学ぶべきことがある。近い将来、マリノスの中盤を支える選手になって欲しい。まずはカップ戦で経験を積んで欲しいですね。