読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

Jリーグ開幕 横浜Fマリノスの初戦を占う

土曜日はいよいよJリーグ開幕。横浜Fマリノス番記者の今年は強い!いい練習ができているという記事をよくみかけます。プレシーズンマッチや練習を見に行ったマリノスサポーターのブログ等でも、概ね好評価です。期待値は否応なしに膨らみます。

 

先発予想は、飯倉 中澤 ミロシュ 松原 金井 喜田 天野 バブ 学 マル 冨樫ですかね。期待のウーゴはまだ調整不足みたいですし。

初戦の対戦相手は浦和。強いですね。強敵です。でも昔からそんなに浦和に対しては苦手意識ないです。浦和はご存知の通り、独特のスタイルの戦術です。守備時は3−6−1。攻撃時は4−1−5。最近は守備も前からアグレッシブに狩りにもきます。受けに回ると厳しいです。

 

マリノスのストロングポイントは両SH。学とマルティネス。いかに高い位置に彼らを置いておけるかが勝敗に大きな影響を与えると思います。当然、浦和も2人をケアしてくるでしょう。そこでキーとなる選手をあげるとすれば、私はバブンスキーを押します。学とマルティネスが中に絞った際にできたスペースをバブンスキーについて欲しい。バルサカンテラ仕込みのテクニックは間違いないようなので、そのスキルを得点につなげて欲しい。守備でもバブンスキーがどれだけ、相手のパスコースを限定する守備ができるか、柏木にプレスバックの守備ができるかが鍵になると思います。

 

浦和の強みは弱みでもあります。それはスタイルが確立しているということ。逆を言えば対策は立てやすいということ。対策を実行できる選手がマリノスには揃っています。


若い選手が多いマリノスですが、頭はクールに、そして粘り強く試合を進めて欲しい。このチームはまだまだ伸びしろがあります。戦いを進めるごとに、より強くよりたくましく成長してくれると思います。私も辛抱強く応援していきたいと思います。開幕が楽しみです。