読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

横浜Fマリノス セレッソ戦を勝手にプレビュー


【公式】プレビュー:セレッソ大阪vs横浜F・マリノス 明治安田生命J1リーグ 第5節 2017/4/1

 

やっとJリーグが再開します。横浜Fマリノスの試合が観られます。日本代表の試合もありましたが、やはりマリノスの選手がいないと興味がわかりません。昔のように、代表の主軸にマリノスの選手が2〜3名連ねる時代がまた来るといいのですが。

 

さて、次節の相手はセレッソ大阪。清武 山口 柿谷といい選手が揃います。外国人もいい選手がいますね。強敵です。監督はユンジョンファン。鳥栖のイメージが強いですがハードワークするいいチームづくりをしますね。今年のセレッソも、データを見ると走行距離、スプリントの回数も多くハードワークを主体としていることが垣間見れます。特にボランチのソウザと山口のコンビはいいですね。運動量も多くまさに心臓です。フォーメーションは4−4−2です。守備時にはしっかりブロックをつくってきます。でも、浦和や札幌や鹿島ほど守備は整っていない印象です。一度、守備ブロックの中に侵入されるとバタバタする感じです。CBの外国人の能力が高いのでそこで跳ね返しているイメージです。逆に攻めはまだ手探り状態の域を脱していないようです。SBとSHが連動してサイドを攻略していく意図は感じますが、まだ洗練はされていません。柿谷と清武の個人技頼みということでしょうか。セレッソの攻撃面で悩ましいのはCFですね。杉本がボールが納められないし、かといって裏を狙うわけでもない。足元にボールをもらいたがるので攻撃のスピードアップがでません。最近は山村がCFに入ってポストプレーをすることで2列目に時間を作ろうとしています。実際、山村が入ることで前線が活性化されています。ただ、杉本と山村の2トップであれば中澤とミロシュで十分抑えることができると思います。そうするとセレッソの攻撃は手詰まりになり、セットプレーに気をつけておけば大丈夫だと思います。CFに柿谷が入ったほうが、マリノスとしては嫌なんじゃないかな。セレッソは水沼が故障しているのは痛いでしょうね。攻撃陣はみんあ足元にボールもらいたがるタイプだから、守備は読みやすいと思います。

 

マリノスもスタメンは変更になりそうです。マケドニア代表戦に出場していたダビは途中出場でしょう。スタメンは、伊藤翔 学 前田 マルティネス 天純 中町 金井 中澤 ミロ 松原 飯倉でしょうか。キーマンは前田。開幕2連勝は前線からの守備が効果的だったのも要因です。前田に前線からの守備でも頑張ってもらいつつ、Baby誕生おめでとうゴールも期待します。もう1人のキーマンはウーゴ。彼もBaby誕生しましたからゴール奪いたくてたまらないでしょう。後半はお互い守備が間延びしてスペースができると思います。マリノスが今年目指している手数をかけない、スピーディーな攻撃ができる時間帯もあると思います。自分たちの得意な形でゴールをあげて勝利を目指して欲しいです。明日は勝つぞ!