読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

横浜F・マリノス ガンバ大阪戦レビュー

Jリーグ第9節 ガンバ大阪戦は残念ながら負けてしまいました。悔しいな。誰がみても明らかなように、学は調子が悪いですね。ファーストタッチでミスが多すぎました。本来の学ならもっとピタッと足元にボールを収めれるはずなのですが。気持ちだけ空回りしているように感じました。チームとしては前半の守備は良かったと思います。中を固めてガンバをサイドに追い出していました。攻撃は前後半あわせてダメでした。ビルトアップが課題であることを改めて露呈しました。学とマルティノスに簡単にパスを預けすぎです。もう少し中で工夫しないと。天野 喜田 ダビは守備では頑張っていましたが攻撃の部分ではもっとやってもらわないと。先発で出場した伊藤翔はもう少し守備も頑張らないと。いつもながらなんですが。。。得点を奪えないならせめて相手DFを走らせるとかして欲しい。

 

マルティノスは休養十分だったのもありますが、キレキレでした。唯一、突破口になりうる予感を感じさせてくれました。そしてもう一人。鉄人、中澤。守備での奮闘、セットプレーでの迫力。なんか見ていて感動しました。若いメンバーも練習のプレー+αにトライして欲しいです。特に考えることを妥協しないで欲しい。ガンバが後半アデミウソンと長沢を投入していたときに、ピッチに出ていたメンバーが変化を感じてチームとして対策を取れるまでにレベルをあげていって欲しいです。次は勝つ!