クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

横浜F・マリノス ヴォンフォーレ甲府に勝利!

3連敗で臨んだ甲府戦。今日は負けられない戦いでした。4連敗を喫したら、若い選手が多いマリノスは自信喪失で崩壊するのではないかと心配していました。ただ、大事な試合を三ツ沢で行えることはラッキーだとも試合前に感じていました。あの近さは、選手に勇気を与えるから。試合開始時から、横浜F・マリノスの選手達の運動量と球際の迫力は前節を遥かにうわまっていました。気持ちも前に出過ぎるぐらい。必死さが伝わってきて、逆に空回りしすぎではないかと心配になるほどでした。決勝点はコーナキックをデゲネクが合わせ、弾いたところを金井が押し込みました。デゲネクは本職の守備でも安定感抜群でした。マリノスお家芸の1対0で勝てたのは良かったです。攻めはまだ悩ましいですね。中央から攻めようとトライしていましたが、選手の距離感はあるし、ボールも収まりませんでした。伊藤翔にボールが収まると楽になるんですが。バブンスキ1人が下がってボール受けて、捌いて再度もらおうとしていたイメージです。天野純が追い越す動きがもっとできるといいんですが。試合は相手もあるので、一朝一夕にはいきませんが、コンビネーションを高めていって欲しいです。また、左SBで下平も見て見たい。彼がいるとボールが落ちつきますから。でも、とにかく勝てて良かった。