読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

横浜F・マリノスレビュー

今日は用事があり、先程、DAZNで試合を観ました。勝ち点が拾えて御の字という試合でした。内容は今季ワーストかもしれません。守備ではどこで嵌めるかが定まらず、個人の最後の頑張りと運に助けられました。攻めはもっと深刻です。ボールの収まる気配がありません。解説の金田さんが指摘していた通り、伊藤翔、前田が細かく動き直したり、サイドに流れたりしてボールを収めてから、天野を経由して学やマルティノスへ展開するなどできないと駄目ですね。天野もポジション下げ過ぎで攻守に中途半端でした。学も相変わらずフォームが悪いですね。キャプテンとして試合内容も成績も悪いことに責任感を感じすぎて、自分のプレーにも悪い影響を与えているように見えます。真面目だから自分で自分を追い込みすぎているのではと心配です。

 

こういう時こそ、監督に期待したいところですが。。。モンバエルツ監督もモチベータタイプでもないし。こういう場合は厳しいですね。

 

まずは守備の安定を図るのが肝要です。いい攻撃は良い守備から。前線は富樫に期待です。伊藤翔は元々守備しませんが、チームがこういう状態だと途中出場の方がいいです。ウーゴもそう。富樫は前線からの守備限定も2人より上手いですから。前半から使っていけるとこまで行ってもらいましょう。トップ下はバブンスキー。富樫がCFに入れば守備の負担は多少楽になるはず。前田と比べても技術的には上なので辛抱つよく使い続けて欲しい。また、学を下げて仲川を一度使って欲しいです。学には精神的な休養が必要だと思います。外からチームを見ることで、自分自身のプレーを振り返るきっかけが必要だと思います。ボランチの天野は扇原ともっと競争させて欲しい。天野もワンシーズン、レギュラーとしてフル参戦した経験はないので体力的にも精神的にも疲れが溜まっている頃です。2人を競わせてコンディションがいい方を使うようにしてみたらいいと思います。そして左SBには下平を見てみたい。サイドでボールが落ち着けるのは、今のチームにとって貴重ですから。今は厳ししいが、なんとか活路を見出して欲しいです。