クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

横浜F・マリノス勝利! 清水エスパルス戦レヴュー


【公式】ゴール動画:松原 健(横浜FM)15分 清水エスパルスvs横浜F・マリノス 明治安田生命J1リーグ 第13節 2017/5/27


Jリーグ 第13節 清水エスパルスVS横浜F・マリノス

 

昨日の清水エスパルス戦、3対1で横浜F・マリノスが勝利しました。しかも流れの中からの3ゴール。素直に気分がいいですね。

 

ルヴァン杯の流れを、ルヴァン杯に出ていた選手がリーグ戦に持ち込んでくれた印象です。扇原は縦へのパスに果敢にチャレンジしてくれました。ウーゴは伊藤翔の負傷からの急遽の交代出場ながら2得点。とくに試合の最後に決めた3点目は良かったな。相手のCBを手玉に取った切り返しからのシュート。最初にボールを受けた体勢はよくありませんでした。でもそこから、自分の打てる形まで持っていきたした。並のFWであれば無理な体勢から強引にシュートにいって外していたと思います。ああいうプレーを見ると流石ストライカーだと感じます。

 

左に入ったマルティノスも今日はシンプルにプレーしていました。逆転のゴールに繋がった、高速長距離クロスは凄かったです。学が戻ってからも左サイドでいいかもしれません。学は真ん中で。右サイドに入った前田もゴリゴリ前へ推進して良かったです。

 

ただ、チームとしてのポゼッションからのビルドアップの構築はまだまだでした。伊藤翔がポストで頑張り、扇原が縦パスにトライしていたので、チャレンジしているのは見えましたが。先制してからは撤退守備で相手の裏狙いのカウンターに徹していました。FWがウーゴに代わり、試合展開を考えての判断でしょうがもう少しトライして欲しかったです。選手としては天野にもっと頑張って欲しかった。いつもより1つ前のポジションでしたから、安易にパックパスするのではなく半身で受けて前を向くとかして欲しかったです。

 

守備は球際は激しくいけていました。その一方でボールの取りどころは定まっていませんでした。CBが最後に身体を張って防いでいました。セットプレーでの守備のズレも散見されました。スコア程の両チームの差はなかったように感じます。サッカーはだからこそ不思議で面白いですね。

 

この3試合、試合内容が悪いなかわら2勝1分けでこれたのは良かったです。これからリーグ戦は、川崎、東京、神戸と強豪との試合が続きます。そしてその前にルヴァン杯広島戦。我慢強く自らの課題に向かいあいながら、しぶとく勝点を積み上げていって欲しいです。