クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

勝手にプレビュー 横浜F・マリノス VS サンフレッチェ広島

 

前節、横浜F・マリノスは成績、内容ともにいい状態でリーグ戦を折り返すことができました。開幕前は多くの専門家が降格争いに巻き込まれるとのコメントを発していました。フットボールはだから面白い。

 

対戦相手の広島は森保監督が辞任。森保監督は紛れもなく名将です。五年で3回のリーグ優勝。毎年、主力を他チームに奪われながら選手を育成とピンポイントの的確な補強で結果を出し続けてきました。でも流石に攻撃の軸が毎年変わるのは辛いですよね。森保監督も五年間指揮をとり続けることで引き出しが少なくなってきたのではないでしょうか。この時期の辞任が最後で最高の一手だと判断されたのだと思います。また、充電して戻って来ると思います。

 

さて、そんな広島ですがフォーメーションは変わらないでしょう。前線も点を取っているのでそんなにいじらないかもしれません。変更するとしたらFWの皆川。単純なクロスであればマリノスは弾き返しますから。工藤が出て来た方が嫌ですね。痛いのは塩谷の移籍ですね。守備だけでなく、攻めのビルドアップでも効いていました。監督が交代したことで広島の選手は危機感で一杯のはずです。前半はいつもより、インテンシティを高めて臨んでくると私は想定しています。

 

横浜F・マリノスは受けに回らないこと。前節同様、耐えながらもバランスよく攻めて欲しい。扇原  中町  天野に期待です。そして注目は左サイド。マルティノスの抜けた穴を誰が埋めるか。バブンスキーか?渓太が入るのか?学が左に戻り、右に前田なのか? 私のお勧めの仲川は・・・?誰が出るにせよ、きっと活躍してくれるでしょう。今のチーム内には激しい選手間の競争があるからです。チャンスをモノにしてレギュラーを奪おうという健全な競争があります。チームの勝利に貢献して、かつ個人の良さも表現しようという微妙な精神状態が感じられます。今日もみんなで勝ちましょう。行くぞリーグ後半戦!