クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

2歳児にお勧めの絵本

今日は娘が2歳の時に好きだった本を5冊ご紹介します。2歳になってだいぶ言葉を話すようになりました。言葉がもっと話せるようになったらいいなと考えていました。また、娘が本を好きになってくれたらいいなとも考えていました。

そこで、この時期に選んだ絵本は面白さを重視しました。大人でも楽しいことはすぐ覚えますしね。

 

①さるるるる

 

 

さる・るるる

さる・るるる

 

 五味太郎さんの名作です。リズムが良くて、お猿の表情が可愛いいです。娘は最初は言葉の意味が分からずポカンとしていましたが、だんだん意味が分かるようになり爆笑でした。

  

②おやおや、おやさい

 

 

おやおや、おやさい (幼児絵本シリーズ)

おやおや、おやさい (幼児絵本シリーズ)

 

 とにかく絵が可愛いい。お野菜達がマラソン大会で頑張ります。ベタなだじゃれもホッコリします。

 

③くだもの だもの

 

くだもの だもの (幼児絵本シリーズ)

くだもの だもの (幼児絵本シリーズ)

 

おやおやおやさいと同じ作者。こちらは果物が海水浴に行きます。バナナは何番のページで娘は勢いよく数をかぞえていました。おやおやおやさいより、よりキャラクターがやダジャレがほっこりするような気がします。 

 

④パンダ銭湯

 

 

パンダ銭湯

パンダ銭湯

 

ただただ"くだらない”。でも面白い。着替えるところは何回読んでも娘は爆笑でした。セリフも短いから、読むのも楽でした。 

 

⑤よるくま

 

 

よるくま

よるくま

 

 この本は、妻がよく読みました。私が読もうとすると「ママがいい」とリクエストを何度されたことか。素敵な絵本です。

 

もう3年前なんですね。子供の成長は早いですね。