クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

書く力 〜私たちはこうして文章磨いた〜

 

書く力 私たちはこうして文章を磨いた (朝日新書)

書く力 私たちはこうして文章を磨いた (朝日新書)

 

 タイトル通り文章のプロが文章の書き方のコツを披露してくれる本です。著者は池上彰さんと読売新聞のコラム「編集手帳」を担当する竹内さんです。実際に書いたコラムを題材に、どんな風に文章が生まれたかを解説してくれます。言葉の端々から文章を書くのが好きなんだなーという想いが伝わってきます。こういう年の重ね方は素敵だなとも思いました。

 

さて、肝心の文章を書くコツですが共感したのは下記5点です。

①まずはテーマを決める

「何を書くかをはっきりさせる」構成とか表現以前の話ですが、まずは何を書くかを決めて、テーマと自分をつなぐブリッジを探すそうです。ブリッジという表現が私もしっくりきました。

 

②身近かな話には魅力がある

読者は「自分の知らない話を面白がる」。だから書き手のすごく身近かな世界は読み手には新鮮に映る。

 

③部品を集める感覚で知識をストックする

「文章力は引き出しの量に大きく左右される」テーマが決まったとしても、それに続く中身を作ろうにも、引き出しの量が少ないと、話を自由に展開することができない。

 

④無駄を恐れない

書く要素をまずはたくさん書き出す。書き出した要素を眺めたり、何度も読み返したりしながら、全体の文章をつくっていく。この要素を書き出すという一見無駄な行為が文章作成には役に立つ。

 

⑤とにかく削る練習をする

文章を書いていると、説明不足になっているのではないかと不安になって、つい形容詞や副詞を付けていって一文が長くなりがちだが、とにかく削る。情報量が多いからといってわかりやすい文章ではない。

 

などなど、プロの技と想いが炸裂しています。私ももっと文章がうまくなりたいな。